自分の考察用です。

・クーポン発行

・値下げおよび値上げ。定期的に価格を上げ下げすることで、値下げ通知からの流入をめざす

・ASP広告。まずはオートで。日本だとマニュアルのほうが予算は消化されやすい印象。アメリカはオートからで問題なし。予算も消化されることが多い。これはおそらくマーケット規模。予算やキーワードについては毎日修正

・セラースプライトで意識すべきは転換率。これが低いと広告負けする

・クリエイティブ(画像および説明文およびタイトル)の変更

・日米でのレビューの共有

・価格を上げるとランキングがさがるためSEOに影響が出る

 

・アマゾンSP広告 商品の強みとなるキーワードは入札単価を高めにする。なぜなら、CVRが高いと予測されるから。もちろん、反応が悪ければ下げる。あくまでデータが集まる前、商品投入時の施策。

・アパレルなどウィンドウショッピングが多いジャンルは広告の相性悪し

・まずは推奨入札額ではじめるべし。入札額は手動で調整。動的入札はダウンのみ。

・商品ターゲティングはCPC安い。抱き合わせ商品と相性よし

・自社商品に商品ターゲティングして横展開

・似たような特徴を持つ商品で売れている商品を探す。商品ターゲティングでその商品を設定。ベンチマーク。タイトルで関連商品と判断してもらえれば、比較されたうえでcvに至る可能性が高い

・オートターゲティングとマニュアルターゲティング(キーワードターゲティングの場合)のは同時進行でやるべきではない。なぜなら、自社で広告費のつり上げをしてしまうため。

・キーワードターゲティングと商品ターゲティングは同時出稿しても問題ないはず。なぜなら、広告表示位置が異なる。

・レビューが溜まるまでは間違いなく利益狙いではなく、CV狙いにすべき。なぜなら、レビューがなければCVは上がらないから。

・アマゾン広告のチューニングは難しくない。それよりも、どういった意図で、どの手法を使うのかを適切に判断することのほうが難しい。

・チューニングは少なくとも1週間データをとりためてからが理想。なぜなら、データの片寄りがあるため。