本ブログは関係ありませんが、YOUTUBEを初めて早1カ月。

週1ペースで動画をアップしているわけですが、そのジャンルで実績もなく、当然知名度がない0の状態から参入するのは本当に大変だと痛感しています。100再生稼ぐのも難しい。いやマジで。

そんな中、やるからにはやはり視聴率を取る必要があるわけで、実際にやってみた感想や改善点など、SEOガン無視でまとめていきたいと思います。

なお、断っておきますがこの記事は自分に向けた自己記録です。

・顔を出すだけでは差別化にはならない。しかしながら、自分の顔は自称まあまあ。つまり、マイナスにはならないはず。だったらもっと自信をもって顔を出すべき。

・大事なのはエンターテイメント性。お堅いジャンルもエンターテイメント性を持たないと伸びていかない。あっちゃんがそれを証明している。

・ターゲットは確実に明確にしておかなければいけない。なぜなら、そうしないとコンテンツがぶれて定まらないからだ。とはいえ、最初からがちがちにする必要はない。とりあえずアップしてみること。反応を見てそこからターゲットを絞り込んでいけばよい。

・タイトルはSEO、サムネイルはCTR。これはその通りかもしれないが、はっきり言えば実績がある人に通じる話。そんなテクニックよりもまずはコンテンツ。コンテンツ(エンターテイメント)ありきなのがYOUTUBE。

・YOUTUBEはブログと似ていると思う。最初から結果を求めてはいけない。結果を求めたら挫折する。ちゃんと分析をして改善することと、己を信じる力、そして、なにより継続すること。

・なぜこの動画あるいはこの人がこんなに伸びているんだろうと思うことがある。その答えの1つにフロンティアであるからということがある。つまり、だれもやっていないこと。それをやっている人は内容がどうだろうと伸びる。なぜなら、先駆者だからだ。だからこそ、狙うはフロンティア。誰もやっていなことをやる。これがYOUTUBE攻略法の1つであると思う。

・エンターテイメントとはなんなのか。それは感情を揺さぶるもの。笑いだけじゃない。喜怒哀楽すべて。炎上マーケティングというのものがあるのもそれが所以だ。つまり、怒らせてもOKなんだ。マイナス評価はたしかに傷つくが、それも大事な視聴率に繋がっている。だから、オープンマインドで受け入れる必要がある。それができないとメンタルがやられてしまうので、免疫は早いうちにつけるべき。もちろん、法を犯せとかそういう話しじゃない。悪くなくても、叩かれることは十分にある得るという話しで、それも糧になるということだ。

・チャレンジこそが至高だ。ビビるな。やってみればいいよ。やってみて結果的に企画が没になるかもしれない。でも、いいじゃないか。お前はそれに挑戦した。そして、挑戦したことで学び、成長した。大事なことは同じ過ちをしないことだ。

・名が売れていない人は企画で売るしかない。というか、youtubeはそもそも企画ありき。芸能人が伸びないのは名だけでプロモーションしようとしているから。つまり、youtubeで売るために必要なのは名前ではなく企画。