アマゾン輸出でアカウントを新規登録する際にクレジットカード情報の入力が必要です。

自分名義のアカウントであれば、自分名義のクレジットカードを登録すれば問題ありません。

しかし、複数アカウントを作るのであれば、別名義でのクレジットカードが必要になります。

複数アカウントは、家族、従業員、外部スタッフのいずれかの名義で作ることになると思いますが、アカウントを作ることには協力してくれても、クレジットカードの情報を貸し出すことはさすがに嫌がる人がほとんどでしょう。

では、どうすればいいのか。

この問題を解決してくれるのが、事業向けカードの「ライフカードビジネスライト」です!

このカードであれば、他人名義のクレジットカードを簡単に作ることが可能ですよ!

ライフカードの種類

ライフカードには、「ライフカードビジネス」と「ライフカードビジネスライト」の2種類が存在します。

「ライフカードビジネス」のほうは申請が大変なので、アマゾン輸出の複数アカウントを作るための目的であれば「ライフカードビジネスライト」を作ってください。

ライフカードビジネスライトは決算書不要の事業用クレジットカード

ライフカード

ライフカードビジネスライトは事業用のクレジットカードです。WEBから申請できます。

HPはこちら

ライフカードビジネスライト

・決算書不要!審査書類は本人確認資料のみ
・会社設立、開業後すぐでも申込み可能!
・フリーランス、副業の方でも申込み可能!

ということで、ビジネスを始めたばかりの方向けのクレジットカードです。

法人、個人事業主ともに作成できるので、副業でやられている方でも大丈夫です。

審査に必要な書類は、事業主または法人代表者の本人確認資料のみ。

最短4営業日でカード発行というのも嬉しいポイントですね!

スタンダードプランは年会費永年無料

ライフカードビジネスライトには、「ゴールド」と「スタンダード」の2つのプランが存在します。

ゴールドカードは年会費2000円がかかる代わりに、付帯保険、空港ラウンジ、ポイント(1,000円につき1ポイント)の特典が付属します。

スタンダードプランは、年会費永年無料。スタンダードにはゴールドについている、付帯保険、空港ラウンジ、ポイントサービスが付いていませんが、複数アカウントのためだけに作るのであればスタンダードプランで十分です。

ショッピング枠

ショッピング枠は10~200万円になります。こちらも、アマゾンに登録するだけの目的であれば、最低限度額の10万あれば十分です。

発行可能ブランド

Mastercard、JCB、Visaの3種類のブランドから選ぶことができます。

JCBはアマゾンでもおそらく登録できると思いますが(すみません、定かではありません)、無難にVisaを選択することをオススメします。

WEB明細に対応

WEB明細にも対応しているので、経理もスムーズです。

支払い口座

ここだけ注意点が必要です。

法人で作成した場合は法人名義口座、個人事業主で作成した場合は屋号名または本人名義の口座でしか引き落としができません。

ですので、法人で運営していても、普段は個人口座から引き落としているという方は注意してください。

従業員カードは3枚発行可能

アマゾン輸出をしている方にとって、最もホットなのがこの特典です!

自分名義のほかに、3枚まで別名義のクレジットカードを発行することができます。従業員カードも年会費は無料。

従業員カードという名前ですが、従業員以外の名義でも発行できます。極論ですが、架空の名前でも発行可能です。

従業員カードを発行する際に必要な書類はありません。従業員の名前を書いて申請するだけ。印鑑や本人確認も一切不要です。

公式ホームページのほうには、クレジットカードの名義に、屋号または法人名+従業員名が表記されると書いてありますが、今は従業員名のみで発行されるみたいです。

ちなみに、従業員カードの引き落とし口座も事業主の口座になります。

まとめ

アマゾン輸出で複数のアカウントを作るのに最適なクレジットカードをご紹介しました!

メインアカウントとは異なる、IPアドレスやアカウント名義、口座証明書などを用意する必要があるわけですが、クレジットカードが用意できなくて躓いている方もいるかもしれません。

そんな方はぜひ、この機会にライフカードビジネスライトを作ってみください!