さて、オンラインで輸出をする場合にもはや必須といえるペイパルですが、ebayや海外向けネットショップの運営にあたり、返金処理やクレーム対応をペイパルからする必要があるので、ペイパルアカウントへログインして作業しなくてはいけない場面がでてきます。

ただ、ペイパルの個人アカウントでは管理者を追加できなかったために、今まで自分で作業をしなくてはいけないという問題がありました。

それがようやく、個人アカウントでも管理者追加できるようになりましたので、早速アカウントの追加方法をご紹介したいと思います!

スタッフアカウントを追加する方法

まず、ペイパルにログインしたら、右上の歯車アイコンをクリックし、ポップアップが表示されたアカウント設定をクリックします。

アカウント設定

次に「ユーザーの管理」の「更新」をクリックします。

ユーザー

次に右上のユーザーの追加をクリックします。

ユーザーの管理

すると、「新しいユーザーの追加」という画面が表示されるので、項目を入力し、続行をクリックします。

ユーザーの追加

ユーザーの追加

権限を選択する画面になるので、与えたい権限にチェックを入れて、ユーザーの追加をクリックします。

ユーザー権限

ユーザー権限これでユーザーの追加が完了しました。ちなみに、ユーザー権限は後から修正可能です。

完了

追加が完了したら、ユーザー一覧のページに飛びますので、ステータスが有効になっているか確認してください。

ステータスの確認

有効になっていれば、スタッフにアカウント情報を伝えてログインしてもらいましょう。

承認契約

ちなみに、はじめてログインした際には承認契約という規約が表示されるので、規約に同意をしてもらいます。同意をすると、PayPalのトップページ画面が表示され、権限を与えた箇所にのみアクセスできるようになります。

管理者の追加ができない場合

もし管理者が追加できない場合、エラーページの画像を添付してペイパルに問い合わせをしてみください。ペイパルの技術部署が問題を確認してくれます。

まとめ

以上、ペイパル個人アカウントでの管理者追加方法をご紹介しました。

個人アカウントの方で、管理者追加ができないから、外注さんやスタッフさんにメインアカウント情報を伝えていたという方もいるんじゃないでしょうか?

万が一ということもありますので、個人事業主の方で今ままで仕方なく自分のログイン情報を伝えていたという方は今すぐに管理者追加を行いましょう!

権限も細かく設定できるので、業務ごとに振り分けをすることもできますね。ぜひ、ペイパルの管理者追加機能を使ってみてください!