ebayやamazonでの実績が出てきた後は、次のステップとして検討したいのが自社ネットショップの開設です。

とはいえ、プラットフォームでの販売しかしたことがない方にとっては、とてもハードルが高いですよね。

開設に伴い、やらなくてはいけないことはたくさんありますが、本日は自社ネットショップのドメイン名とサイト名の決め方&コツについてご紹介します。

サイト名とドメイン名を決める方法

1.商材やコンセプトから決める

まずサイト名やドメイン名を決めようとしている方は、取り扱い商材をある程度絞り込めていると思います。サイト名、ドメインを決める際は、その商材に関するもの、あるいは、商材からイメージしやすいものにするのが理想です。

なぜならば、ユーザーというのは、そもそもショップ名に興味がありません。なので、イメージしやすい名前にすることで、少しでも覚えてもらいやすくすることが大事です。

ちゃんとSEO対策しておけば大丈夫だから関係ないという意見もあります。

ただ、あなたのショップを一度利用、あるいは、見たことがあるユーザーであっても、ショップの名前をいちいち覚えているわけではありません。後日その名前をなにかしらのきっかけで見たときに、「あ、あのショップだ!」と思い出しやすいものにしておくことにこしたことはないということです。

2.ドメインは.com一択

ドメインには、.comや.jp、.co.jp、.netなど、いろいろな種類があります。

ドメインは基本的に一度決めたら変更するものではないので、ここでも慎重になる必要があります。適当に選んではいけません。

では、なにを選べば良いかというと、それは「.com」です。

理由は.comが世界で一番使用されており、一番馴染みがあるからです。

.comは人気なので、もうすでに誰かに取られていることがありますが、取られているのであれば、サイト名、ドメイン名ともに別のものに変更してください。

それぐらい重要です。

とにかく、最初にあなたのお店に訪れるユーザーは不信感を持っています。

余計な不信感をできるだけ持たせないようにするためにも、.comを選びましょう。

あとは、SEO的にも.comが有利と言われているのも理由の1つですが、これについてはほとんど影響がないと思っていただいて大丈夫です。

3.サイト名とドメイン名は必ず同一に

よくあるのが、サイト名とドメイン名が異なるパターンです。これも非常に良くないです。

・余計な不信感を与える
・サイト名とドメイン名のどちらを覚えれば良いのかわからないので覚えづらい
・SEOに不利

これらの理由から、必ずショップ名とドメイン名は同じにしてください。

4.ドメイン名とサイト名は6文字以内が理想。長くても8文字

あなたがよく利用するサイトやメーカーの名前を思い浮かべてみてください。

どうでしょうか?6文字、あるいは、8文字以内ではありませんか?

たとえば、以下の名前をみてください。

amazon
ebay
google
yahoo
sony
apple

誰もが知る名前だと思いますが、これらはすべて6文字以内です。

これらの企業がここまで大きくなったことに名前が関係しているのはわからないですが、短い名前のほうが覚えやすいということは間違いありません。

5.偶数を選ぶ

6文字または8文字以内の言葉を選ぶのと同時、偶数で選ぶことも重要です。

たとえば、楽天。英語にすると、rakuten。

ローマ字で7文字ですので、覚えやすいですよね。

ただ、上に紹介した名前と比べるとどうですか?

比べると、少し覚えづらいんじゃないかなと思います。

yahoo以外はすべて偶数です。偶数の名前のほうがすんなり意識できませんか?

yahooは5文字ですが、語尾を伸ばしているので少し例外です。

偶数にするというのも意外に重要です。

6.google USで実際に検索する

「あ、これはドメインも取れるし、いい名前かも!」

そう思っても焦りは禁物。

稀にですが、日本では特に問題のない言葉だったとしても、海外では良くない意味を持つ言葉だったりする可能性があります。また、すでに似たような名前を使っているサイトがある場合もあります。

そういったケースもあるので、事前にgoogle USでキーワード検索をしてみましょう。

日本の検索結果が表示されないため、海外の検索データを調べる際にはgoogle usから検索をしてください。

まとめ

いかがでしたか?

一度サイト名とドメイン名を決めてしまうと、後で簡単に変更することができません。ですので、事前のリサーチがとても重要になります!

適当に決めるのではなく、しっかりと下準備をした上で決めるようにしてくださいね。

ちなみに、SEO的な観点でいえば、似たような言葉がないという点で、サイト名は造語にすると一番上位表示されやすいです。

もちろん、今回紹介した通りにしなければいけないわけではありません。なにかこだわりがある名前があるのであれば、条件に当てはまらなくても全然OKだと思います。人気のあるサイトで条件に当てはまらないサイトはたくさんあるので、これらはあくまで1つの要素です。

ぜひ、サイト名やドメイン名を決める際の参考にしてみてください。