先日、ebay輸出のアマゾン無在庫販売するなら、1万品の出品を目指そうというお話をしました。

ebay輸出無在庫販売で1万品出品に必要な作業フローをさらっと紹介

では、出品するにあたり、Sold listingsのリサーチは必要でしょうか?

今日はその点について考察していきたいと思います。

Sold listingsのリサーチは不要

先に僕の見解を述べると、リサーチは不要です。不要というよりは、あまり重要ではないという表現のほうが適切かもしれません。

リサーチが不要というのはどういうことか。

いまはアマゾンのブランド名やカテゴリーから、ASINを一括で抽出できるツールがあります。

ですので、今までよく売れた商品、あるいは、インプレッションの多い商品のブランドやカテゴリーの商品をリサーチなしで、大量出品することが可能です。

そして、リサーチなしで無作為に大量出品することは、リサーチすることと同等の意味を持ちます。

リサーチ無しの大量出品をすることで、その中からアクセスの多い商品を抽出することができます。

アクセスの多い商品があれば、そのブランド名やカテゴリーを中心に出品することで、需要のある商品が必然的に増えていきます。

リサーチなしで出品することのメリット

1. 時間とお金の節約

一番大きなメリットはリサーチにかかる時間とお金の節約です。

リサーチしたことがある人ならわかりますが、Sold lisitingを1つ1つ調べてアマゾンの商品ページ見ていくのはなかなか時間がかかります。

調べたとしても、利益が出る商品とは限りません。むしろ、出品されている商品の最安価格の値段で利益計算すると、利益が出ない商品がほとんどだと思います。

また、リサーチを外注化している場合には、外注さんにも報酬を支払わなくてはいけません。

リサーチなしの大量出品をすることで、きの時間とお金を節約できるようになります。

2. 外注化が簡単

2つ目は外注化が簡単ということです。

売れている商品やインプレッションの多い商品から、ブランドやキーワード、カテゴリーを調べてもらい、それをツールを使って一括で大量出品してもらうだけです。

ですので、以前流行っていたリサーチ担当の外注さんを何十人も雇うなんて必要はありません。一人か二人いれば十分です。

リサーチすることのメリット

リサーチは不要とお伝えしましたが、リサーチすることに意味がないわけではありません。むしろ、リサーチすることのメリットもたくさんあります。

では、リサーチすることのメリットは何でしょうか?

1. 旬な人気のある商品を発見できる

商品は生ものです。

生ものというのは、商品にも旬があるということを意味します。

例えば、スパイダーマンの映画が上映されるときはスパイダーマン関連の商品が売れやすくなります。

リサーチをしていると、こういった旬な情報を得ることができます。

リサーチなしの大量出品では、このような売れ筋商品の情報をタイムリーで得ることができません。

旬な商品というのは他の商品と比べて圧倒的に売れやすいので、リサーチするのであれば旬な商品を狙っていくのがポイントです。

2. 出品手数料を節約できる

リサーチすることで売れた実績のある(需要のある)商品を販売することができるので、出品手数料を節約することができます。

リサーチなしの大量出品はとにかく出品することになるので、どうしても出品手数料が余計にかかってしまいます。

この点、リサーチ出品は有利と言えます。

リサーチなしの大量出品ではフィルターがけが重要

無作為の大量出品では、キーワードやASINでのフィルターがけが重要です。

ebayにも商標権などの問題で出品してはいけない商品があります。

また、航空危険物も当然出品してはいけないので、出品前に除外する必要があります。

amazonほど厳しくありませんが、最悪アカウントの停止も考えられます。

ですので、リサーチなしで大量するならば、リサーチする場合より、ブラックリストの管理がより重要になります。

まとめ

以上、ebay輸出のアマゾン無在庫販売ではリサーチが不要と言うことをお伝えしました。

しかしながら、説明したとおり、リサーチが完全に不要かと言えば、全然そんなことはありません。

僕が運営しているアカウントでも、外注さんには手動リサーチと、リサーチなしでの大量出品の両方を行なってもらっています。

リサーチありとリサーチなしの2つの方法が使えるようになると、色々と幅も出てきますので、両方の出品方法でアプローチしていくのがベストかもしれません。

リサーチからしか出品したことがないという方は、この機会にリサーチなしでの大量出品にもチャレンジしてみてください。

そこからまた新しいアイディアが生まれるかもしれません!