amazon輸出でアカウントにログインするには、2段階認証が必須です。

1つのアカウントであれば、自分の携帯の電話番号を利用すればよいですが、複数アカウントを運営する場合は、アカウントが紐付かないように別々の電話場号を利用する必要があります。

この電話番号も前回記事で書いたクレジットカードと同じく、従業員や外部スタッフさんに登録をお願いすることが難しい部分です。

1回や2回であれば問題ありませんが、ログインする際に毎回携帯に届いたコードを聞くわけにはいけませんよね!なにかいい方法がないかなーと思っている方も多いと思います。

そんな方に今回ご紹介したいのは、”textPlus”というフリーテキストアプリです!このアプリを使えば、アメリカの電話番号を無料で発行でき、その番号で二段階認証に必要なSMSを受信することができます。SMSの利用だけであれば料金は無料。

今回はそんなtextPlusの登録方法についてご紹介します!登録は5分あればできますよ!

携帯電話のアプリストアから”textPlus”をダウンロード

textPlus

textPlusはApp StoreとGoogle Playの両方で公開されています。

アプリのストアでtextPlusと検索し、アプリをダウンロードしてください。

https://textplus.com/

SIGN UPを選択し、ユーザー名とパスワードを入力

アプリを開いたら左下のSIGN UPを選択します。

textplus

選択したら、お好きなユーザー名とパスワードを入力します。

signup

州とコードを選択

state

上の画像の赤枠部分を選択すると、アメリカの州と電話番号のコードを選択するポップアップ表示されます。

どちらもどれでもいいので、適当に選択して次に進んでください。

state2

電話番号の発行

一通り作業を終えると、電話番号が発行されます。

電話番号はメニュー右側のハンバーガーメニューをクリックすると確認できます。

dashboard

SMSの受信

アマゾンの二段階認証の電話番号入力欄に発行された電話番号を入力します。

注意点としては、電話番号はアメリカのものなので、日本の国番号+81ではなく、アメリカの国番号である+1を選択してください。

入力すると、アプリにコードが記載されたSMSが届きます。

securitycode

注意点

textPlusのログイン情報を忘れてしまうと、SMSが確認できずに最悪アカウントのBANにつながる可能性があります。ですので、アカウント情報は必ず控えておいてください。念のため、アカウント情報に間違いがないか、アプリから一度ログアウトして、再度ログインしてみたほう良いです。

また、なにがあるかわかりませんから、バックアップの電話番号には外注さんの電話番号を登録しておいて、優先の電話番号にこのアプリの電話番号を登録するのがオススメです。

アメリカの電話番号を登録しちゃって大丈夫?

日本のセラーがアメリカの電話番号を登録しても大丈夫なの?と、心配になる方もいると思います。

今のところ問題ありませんが、怪しまれる可能性がないとはいえません。

もし気になる方がいれば、日本にはまだ似たようなサービスがないので、日本で携帯電話を新規で契約するなどして対応してください。

まとめ

以上、フリーテキストアプリtextPlusをご紹介しました!

アメリカのアプリですが、特にストレス無く利用できます。SMSが届くのも速いです。

二段階認証の部分で躓いている人はぜひ利用してみてくださいね!