ebayをこれからやろうかと思っている人は、いわゆる無在庫販売と在庫販売のどちらから始めるかをまず決める必要があります。

もうすでにどちらでやるか決めたよー!っていう人はそれで良いと思いますが、これからどちらかを決めるという人は無在庫販売から始めることをオススメします。

なぜ無在庫販売から始めるべきか。今回はその理由をお伝えします。

無在庫販売を選ぶ理由

1. 資金リスクが0

無在庫販売の最大の特徴が資金リスクが0という点。商品が売れてから仕入れればよいので、資金がなくても販売することが可能です。ebayでは売上金がPayPalに即日入金されますので、入金の遅いアマゾンと違って、無在庫販売との相性は抜群と言えます。

ただ、在庫切れなどを起こさないように商品管理をしっかりとしないといけません。

2. 有在庫と無在庫で得られる経験値が変わらない

有在庫でも無在庫でも基本的にやることは同じ。違いは売れる前に仕入れるのか、売れた後に仕入れるのかということだけです。リサーチ、出品、仕入れ、発送、外注化までの一連の流れはどちらでもマスターする必要があります。そう考えると、無在庫のほうが当然有利ですよね。

ただ、これはあくまで経験値の話です。ビジネスは経験値を得るためではなく、稼ぐためにするわけですから、どちらが稼げるかは別にか考えなくてはいけません。

3. 売上を増やしやすい

仕組み作りさえできればいくらでも出品ができるという点から、有在庫と比べて間違いなく売り上げを増やすいです。

無在庫販売のデメリット

無在庫販売が敬遠される最大の理由は、価格競争ゆえの薄利多売と言えます。また、利益が見つかる商品が見つからずに辞めてしまうという人も多いです。ですから、必然的に商品をたくさん出品しないといけません。

ただ、これも仕組化してしまえば解決できることです。有在庫販売でも売り上げを増やすには仕組み化が必須なので、形は違えど、やるべきことの本質は全く同じ。無在庫大量出品ができないという人は、有在庫でやっても稼げる可能性は低いでしょう。

有在庫販売のデメリット

有在庫販売のデメリットは、

・在庫の資産価値変動のリスク
・在庫スペースのリスク
・販売前に資金が必要

という点があります。

在庫は資産ですが、お金と違って価値が下がることがあります。もちろん逆に上がるパターンもありますが、価値が下がりやすい商品を在庫として持つ場合には気を付ける必要があります。

有在庫販売をやるべき人

有在庫での販売をやるべき人は、

・特別な仕入れルートを持っている人(アマゾンの販売価格より商品を安く仕入れられるなど)
・限定品や一点ものを扱う人(骨董品など)

になると思います。

要は無在庫で販売するのが難しいという場合か、オンラインで仕入れをしている人より安く仕入れられる場合です。

結局、どちらのほうが稼げるのか?

有在庫のほうが無在庫より稼げるのであれば、有在庫を始めるべきです。しかし、説明した通り有在庫はデメリットが多いのもありますし、無在庫より稼げるということは全くありません。むしろ、無在庫より商品知識が必要になるので、販売が難しい。

ですから、まだ輸出の実績がない方はより無在庫から始めるべきと言えます。

まとめ

いかがでしたか?

無在庫販売っていうのは、基本デメリットがないんですよね。無敵のビジネスモデルです。

僕はebay輸出を始めてから5年近く経ちますが、最初は有在庫から始めました。売上も1年ぐらいは順調に伸びていったのですが、途中からは伸び悩んでいました。そこで無在庫販売を始めたところ、利益率は有在庫より低いとはいえ、売上が飛躍的に伸び、経営も安定していきました。経営が安定するということは、精神的にも安定します。

有在庫販売しかしていないときは、在庫を数百万円持っていたことから、精神的にかなり追い込まれていたことを覚えています。そういった精神的な面から見ても無在庫販売はオススメできます。

これからebayでの販売を始めるという方はぜひ参考にしてみてください!