コロナウイルスの影響で、UberEatsや出前館でデリバリーを始めたり、shopifyを使って自社のデリバリーサービスを始めた飲食店は多いですよね。

この危機的な状況を考慮し、グーグルはグーグルマップ上で「デリバリー」や「テイクアウト」に対応している飲食店のみを表示させる機能を追加しました。

ただ、この機能を使うにはグーグルマイビジネス上でデリバリーとテイクアウト対応のお店として登録する必要があります。せっかくデリバリーサービスを始めたのにもかからず、それではもったいないですよね。

ということで、今回はGoogleマップにテイウアウトやデリバリー対応の飲食店として掲載する方法をご紹介します。

Googleマップのテイクアウトとデリバリー

map

PCでグーグルマップを開くと、左側に「料理の宅配」や「テイクアウト」など、お店を絞り込むためのキーワードが表示されます。

map2

たとえば、「テイクアウト」選択すると、このように「テイクアウト」に対応したお店のみが表示されます。

モバイルでも、グーグルマップ上部に「テイクアウト」、「デリバリー」などのキーワードが表示されています。

「デリバリー」を選択すると、このように「デリバリー」対応の飲食店のみが表示されます。

Googleマップでテイクアウトやデリバリーを表示するための設定方法

では、Googleマップでテイクアウトやデリバリーを表示するための設定方法は以下の通りです。

1.グーグルマイビジネスを開きます
2.グーグルマイビジネスにログインします
3.左側メニューより「情報」を選択します

step14.下の方にスクロールします

step2

5.「特徴」横にある鉛筆マークを選択します

step3

6.下の方にスクロールします

step4

7.サービスオプションの項目で、「テイクアウト」、「宅配」を選択し、「適用」を選択します。

step5

8.以上で完了です。

まとめ

以上、グーグルマップに「テイクアウト」と「デリバリー」の項目を追加するための方法をご紹介しました。

まだまだ設定ができているお店が少ないので、今回の設定をやっておけば、ユーザーを獲得できるチャンスです。

まだ「テイクアウト」や「デリバリー」に対応していないというお店や、UberEatsや出前館でのみサービスを提供しているという方は、自社ECでのデリバリサービスの運用も検討してみてください。

Shopifyでテイクアウト&デリバリーサイトを運営する方法