新規ブランドを販売するにあたり、RSL契約のために楽天ショップをオープン。

アマゾンや自社ECサイトでは何年も販売しておりますが、楽天についてはさっぱりです。

一応、アマゾンと同一のLPにしていたのですが、この2ヶ月一回も注文が入らず。

楽天のやり方がいまいち掴みづらいです。

とはいえ、月額費もかかっていますので、しっかりと売らなければいけません。

その実践記として、売り上げをあげるまでの道のりを、自分のためにもできるだけ記載したいと思います。

ということで、9月の楽天スーパーセールにあわせて、仕込みをおこなっていきます!

楽天スーパーセールに合わせてやったこと

売り上げをあげるためにまず目指すはカテゴリー1位の獲得。

そのために、楽天スーパーセールを使います。

セールの設定

楽天スーパーセールでは、楽天ユーザーが

  • 10%以上割引の商品
  • 50%以上割引の商品

を検索で絞り込めるようになっています。

この検索に引っ掛かるようにすることが、SEOでとても大切。

ということで、今回は全商品を10%オフに設定しました。

今回の反応をみて、50%オフは検討したいと思います。

クーポンの発行

楽天スーパーセールにあわせて、クーポンを発行します。

スーパーセールで最も売れるのが、セール直後と終了直前。

そして、クーポンの期間を短くして、このどちらに期間を合わせることで、購入率を上げることができるとのこと。

ということで、スタートの20:00より4時間だけ使える10%オフクーポンを設定しました。

メルマガ投げ合い企画への参加

メルマガ投げ合い企画とは、各店舗がメルマガでクーポンの宣伝をすること。

メルマガ投げ合い企画に参加している店舗のクーポンのみが掲載されるページがあるので、そこにクーポンを掲載できれば、見込み客が増えるという流れ。

これは利用しない手はないので、参加しました。「クーポンは◯千円以上購入で20%割引」という専用のクーポンを発行しました。

期限は複数の候補によって選べるのですが、楽天スーパーセール期間中はずっと使える150時間に設定しました。

また、専用のバナーを各商品ページに貼り付ける必要があるので、設定します。

商品名頭にスーパーセール限定〇〇オフの文言追加

楽天スーパーセール開催日数日前より、販売前商品を公開設定に切り替えます。

そのタイミングに合わせて、「スーパーセール限定〇〇オフ」の文言をタイトルの最初に追加。

そうすることで、お気に入りに追加してくれる見込み客を事前に獲得できます。

共通バナーの設定

楽天スーパーセール対象の商品の共通バナーをサイトトップページに作成します。

そうすることで、回遊率を高めます。

RPP広告の設定

特定のkwでアクセスを集め、cvrの高いこの時期に集客を狙います。

まとめ

以上、楽天スーパーセールにあわせて実施したことをまとめました。

結果は後日まとめます。