アマゾンで新しい自社ブランド商品を販売する際は、エラーコード5665が表示されます。

エラーコード5665とは、簡単に要約すると以下の通り。

「あなたはこのブランドを出品する資格がありませんので、サポートに連絡して出品できるようにしてもらってください」

正確には違いますが、ニュアンスはこんな感じです。

つまり、新しいブランドを出品する際には、そのブランド名で出品できるようにカスタマーサポートに依頼しなくてはいけません。というのも、アマゾンからしたら、むやみやたらに適当なブランド名で出品されて、アマゾンの商品ページを荒らされるのが嫌なわけです。

ですから、「そのブランドの商品を本当に出品するなら、ちゃんと手続きをしてくださいよ〜」、とアマゾンは5665エラーを表示するような仕組みを取っています。

当然の対応と言えるわけですが、自社ブランドを新たに出品するのであれば、エラー5665を解除してもらわなくてはいけません。

では、どうやって5665エラーを解除するのか。本記事では、その説明をご紹介させていただきます。

エラー5665を解除するための条件

アマゾン公式のアナウンスによれば、「ブランド名が商品やパッケージに恒久的に貼付されている」ことが5665エラーを解除するための条件です。「恒久的に」というところがポイントです。

エラー5665を解除する方法

では、解除方法をいくつかご紹介します。

商品にブランド名を表示させる

最も確実であり、最も難度の高い方法がこちら。それは商品にブランド名を表示させる方法です。具体的にはブランド名を印刷したり、刻印を入れたりするなどの方法が考えられます。ただし、中国輸入で商品をそのまま輸入するような場合には、この方法は現実的に難しいかと思います。

OEMで商品を作る際、商品にブランド名をプリントしてもらうのが最もオススメな方法です。

商品にブランド名入りのシールを貼り付ける

ブランド名入りのシールを商品に貼り付ける方法は、簡単で料金も安くできるのでオススメです。CMでおなじみの印刷屋さんラクスルではシールの印刷にも対応しています。

こちらでブランド名入りのシールを印刷して、商品に貼り付けましょう。

商品にブランド名入りのタグを付ける

アパレルなど生地を使う商品であれば、ブランドタグや品質表示タグを取り付けましょう。

ブランドタグや品質表示タグは安価に作れるので、ハードルも高くなくオススメ。中国で商品を作る場合は、中国でタグを製造、縫い付けや取り付けを依頼するのがよいでしょう。ロットが少ないという方は、おなじくラクスルで印刷するのがオススメです。1枚から注文可能です。

画像を加工してブランド名を入れる

シールやタグで審査に落ちた!そんな方は画像をロゴが印字されているように加工する方法もあります。ただし、デジタルイメージとなりますので、他の方法と異なり、悪質と判断される可能性があります。

一見、完璧に加工しているようでも、大抵の場合はちゃんと見れば見破られます。また加工してもらうのにも外注さんにお願いしたりと手間が多いのもデメリットです。

ですので、紹介しておいてなんですが、こちらはオススメできない方法です。やるとしても自己責任でお願いいたします。

ロゴ入りパッケージを作る

アナウンスによれば、パッケージに恒久的に貼付」されていることも5665エラー解除の条件となると記載されています。つまり、商品に印字されていなくても、パッケージにブランド名がプリントされていればOK。

印刷通販デジタでは1枚からパッケージにプリント可能です。箱のサイズにもよりますが、2000円ほどでオリジナルパッケージを作成できます。

ただし、こちらでもなぜか審査に落ちるケースがあります。

スマホケースにプリントする

スマホのケースにロゴを印刷する方法もオススメ。スマホケースにプリントして、それを商品として審査に通す方法です。

こちらの藤井印刷であれば、プリント込み1500円前後で商品を作れます。スマホケース以外でも同じことができればなんでもOKです。

個人的には、この方法が一番オススメ。というのも、審査する立場を考えると、この方法には審査を落とす理由が見つからないためです。

つまり、審査に通る可能性が高いということが言えます。

まとめ

以上、アマゾンのエラー5665審査を通す方法をご紹介しました。

注意点としては、今回ご紹介した方法でも5665エラーが100%解除されるわけではありません、テクニカルサポートの担当者次第といったところもあるので、一発で通るのか、いくつかの方法を試さなくてはいけないかは、運によります。

ですので、最初から一発で通らないということは肝に命じておきましょう。その方が精神的な疲弊も少ないです。また、すべて自己責任となりますので、ご注意ください。

エラー5665が通らないという方は、ぜひ参考にしてください。