ショップのInstagramアカウントを久しぶりに新規で開設したら、即アカウント閉鎖となりました。

これで閉鎖になったのは別アカウントを含めると2回目。

とはいえ、アカウントのログイン情報さえ覚えていれば、基本的には解除できますので、特に心配する必要はありません。

ということで、今回はInstagramアカウントの閉鎖から再開までの手順をご紹介します!

ちなみに、ログイン情報を忘れてしまった方はたぶん再開できないのでご注意を!

Instagramアカウントの閉鎖から再開までの手順

1.「詳しくはこちら」を選択

エラー

アカウントが閉鎖されると、インスタのアカウントから自動的にログアウトされ、再度ログインすると以下のメッセージが表示されます。

利用規約への違反があったためアカウントが停止されました。アカウントを再開できる可能性もありますので、アカウント再開に関する詳細をご確認ください。

メッセージの下にある「詳しくはこちら」を選択します。

2.「お知らせください」を選択

お知らせ

続いて、青文字の「お知らせください」を選択します。

3.ビジネスアカウントの場合は「はい」を選択

はい選択

すると、このアカウントはビジネスや製品、またはサービスに関するものですか?という質問があるので、ビジネスアカウントの場合は「はい」を選択して送信を押します。

4.必要事項を入力&公的文書を添付

基本情報を入力

アカウントの基本情報を入力する画面になるので、

・氏名
・Instagramユーザーネーム
・メールアドレス
・現在いる国

上記の内容を入力し、公的文書を添付します。

ここで間違った内容を入力するとアカウントの再開はできないと思われるので、正しい内容を入力してください。

公的文書は以下の中から1つ選んで添付してください。僕はユーザー名に関連した請求書をjpgにて添付しました。

・事業免許
・確定申告書の写し
・請求書
・会社設立契約書
・会社定款
・公共料金領収書
・メイン名の登録証明
・その他の証明書書類等

添付したらチェックボックスを選択し、送信して完了です。

5.Facebookコミュニティオペレーションからのメールを確認

メール

メール1

上記まで手順を完了した後、登録のメールアドレスにFacebookコミュニティオペレーションからメールが2つ連続で届きます(もしかすると、アカウント閉鎖のタイミングで届くのかもしれません)。

これは提出した書類だけでは不十分なのか、あるいは、全員に送られてくるかは不明です。

内容は以下。

Facebookコミュニティオペレーションでございます。

こんにちは。

恐れ入りますが、あなたがこのアカウントの所有者であることを確認できるまで、お手伝いできません。あなたが所有者であることを証明していただかないと、正当な利用者としてあなたをお手伝いしてよいか確証が得られません。

以下のいずれかの書類のうち、アカウントと一致する情報を確認できるもののデジタルコピーを、このメールの返信に添付してお送りください。

-事業免許
-確定申告書の写し
-会社設立契約書
-会社定款
-公共料金の領収書

いずれかの書類が届き次第、アカウントの状況を確認させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Facebookコミュニティオペレーションでございます。

こんにちは。

ご連絡いただき、ありがとうございます。サポートを開始する前に、このアカウントがあなたのものであることを確認していただく必要があります。

以下のコードを手書きした紙を手にしたご自身の写真を添付して、このメールに返信してください。

31281

お送りいただく写真が以下の条件を満たしていることをご確認ください。

– 何も書かれていない紙に上記のコードとあなたの名前とユーザーネームのみが手書きで記載されていること
– その紙を持っているあなたの手と顔全体が写っていること
– 明るい場所で撮影され、小さすぎたり、暗すぎたり、不鮮明だったりしていないこと
– JPEG形式のファイルで返信に添付すること

アカウントにあなたの写真が使用されていない場合やアカウントがあなた以外の人や何かを表すために使用されている場合でも、これらの条件を満たす写真を受け取るまでは、対応できませんのでご了承ください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Instagramチーム

6.メールにファイルを添付して返信

メールに2種類のファイルを添付して返信します。

1つ目は以下のいずれかの書類。僕は会社定款をpdfで添付しました。

-事業免許
-確定申告書の写し
-会社設立契約書
-会社定款
-公共料金の領収書

2つ目は白紙の紙にメールに記載のコードと自分の名前、インスタで登録したユーザーネームを手書きで記載して、その紙を持って、自分の手と顔全体が写った写真をjpeg形式で添付します。

写真がはっきり写っていないと不備扱いになるので、注意してください。

7.1~2日後にアカウントの再開

アカウントの再開

メールに返信してから1~2日後にアカウントの再開を知らせるメールが届きます。これにて手続き完了です。アカウントに問題なくログインできます。

アカウント閉鎖の原因は謎

インスタグラムの利用規約を確認してみましたが、何が原因でアカウントの審査が行われたかはよくわかりませんでした。

ただ気になったのは、

「書面による許可を得ることなく、ドメイン名やURLを自分のユーザーネームに使用することは禁止されています。」

という項目。

ユーザーネームにドメイン名を設定しようとしたので、もしかすると関係あるかもしれません。ただ、ユーザー名は使われているということで使用できなかったので、それが原因かはわからいないですね。

そもそも、僕の別アカウントではドメイン名にしているし、ほかにもドメイン名のアカウントは見かけます。なので結局は謎ですね。

あと可能性としてあるのは、複数のデバイス、複数のipアドレスからログインしたことです。これが有力なんじゃないかな思っています。なので、アカウントを開設してからしばらくは、1つのデバイス、ipアドレスで作業するのが良いのかもしれません。

まとめ

Instagramアカウントの閉鎖から再開までの手順を紹介しました。

ログイン情報、アカウント情報を覚えていれば基本的には解除されると思います。

ただし、Facebookのアカウント審査チームはかなりシビアなので、どこか不備や怪しい点があると再開できない可能性があります。

今回紹介した手続きは複数回申請することができますが、新規で作ったアカウントで一向に解除できない場合は潔く別アカウントを作る直すことをオススメします。